学生の満足度を高める!インターンシップ設計に効果的な2つの型

スクリーンショット 2019-10-03 17.46.39
この記事の読了時間: 4 分

ここ6年連続で企業のインターンシップ実施率は増加しています。
様々な就活媒体の調査結果を見ても、2019卒年度対象のインターンシップを実施した企業は7割を超え、採用活動での高い効果が実証されつつあります。

そのような流れの中、インターンの実績がほとんどなく、どのように設計すればいいのかも分からない、そんな皆さまも多いのではないかと思います。

そこで、インターン設計を実施する際に注目していただきたい、学生視点を鑑みた上でも効果的といえるインターンシップの2つの"型"をご紹介したいと思います。

目次 目次

フィードバック型コンテンツ(充実感の提供に有効)

就活生は評価方法に透明性のない就職活動に漠然とした不安を抱えています。
同時に、「成長しなければならない」という漠然とした強迫観念も抱えています。
そうは言っても、たった数日間のプログラムで本質的な成長へ導くことはできるのでしょうか。

そもそも、就活生が求める成長とは何でしょうか。

それは結局のところ、就活において必要なナレッジやスキルの向上を指す場合が多いようです。
実際に、「自己分析」に繋がるプログラムの満足度は非常に高く出る傾向があります。

特に冬季の短期インターンではじっくりと実務に取り組むことができず、漠然とした内容のまま日にちが過ぎてしまいます。

その中で、学生に

「人生や仕事に大切なことを教わった」

「成長できた気がする」

「仕事をするモチベーションが湧いてきた」

などのポジティブな“充実感”を感じてもらうには、自分をもっと深掘りできる体験をしてもらうことです。

インターンシップにおけるメンターからの俯瞰的なフィードバックやアドバイスは、学生にとって自己理解を深めるための大きな学びの機会になります。
また、このようなフィードバックは数が多ければ多いほどその精度が高まり、参加者の視座をより拡げます。
その意味で、長い時間ワークショップを共同体験したメンバー間でフィードバック交換をする、というのも効果的な施策です。

フィードバック実施のタイミングはインターン期間中でも最後でも問題ないでしょう。

 

リンク: <インターンにおすすめ!深堀りとフィードバックがすぐにできる評価システム>

学生にいかに自身を深堀りさせ、現役社員からのフィードバックをさせるのか…。即座に活用できる、充実したフィードバックのある“評価システム”を使うのが手。

そのノウハウは一朝一夕では蓄積できませんが、例えば「GROW360」などの、全方位的な評価・他社評価・フィードバック指導がパッケージで提供されているコンテンツを活用することは非常におすすめ。

スマホでゲーム感覚で取り組める性格診断や、メンバー同士で客観評価をしあう360度評価により、多面的に本人の評価ができ強みを伸ばす前向きなフィードバックができる設計になっています。

評価やフィードバックに不慣れな人事担当者でも、GROW360の経験豊富な評価のプロが、フィードバックテクニックをレクチャーしてくれるインターンシップパックもあります。

学生満足度89%のGROW360インターンシップ


また、インターンシップで新たに「GROW360」を導入した企業では、自社のハイパフォーマー(成果をあげている社員)30人の「GROW360」受検無料で30人分、提供されます。

この機会に、自社のビジネスを伸ばす人材がどういう性格・性質を持っているのかを調査・分析することで、今後の採用に役立てることもできます。

インターンシップキャンペーン詳細

 

実務のロールプレイング型コンテンツ
(企業理解の促進に有効)

就活生は仕事内容や企業文化への理解を求めてインターンシップに参加します。
そういった学生のニーズを汲んだ設計がなされていないインターンシップでは

仕事とは無関係なゲームをさせられて何も学べなかった
どこに行っても新規事業立案ワークばかりで会社のことが分からない

といった不満の声も非常に多いです。

よって、学生に有意義な体験をしてもらうには、実際の業務に近いプログラムを提供する事が肝心です。

ただ、本当にバックオフィスで実務を任せてしまうのは、守秘義務の観点からも現実的でありません。

そのような場合は、代わりにロールプレイングを通して実務を体験してもらうのはどうでしょう。
疑似体験から、自社の仕事や文化への理解を深めてもらうことは十分可能です。

このような体験を通じて、就活生が仕事や会社文化への理解を深めてもらえれば、入社後の想像がつくことから安心感を抱きやすくなり、最終的に複数の企業から内々定を得た場合でも、結果的に優位性を保つことができるのです。

学生満足度89%のGROW360インターンシップ

学生に成長の実感をもたらすフィードバック型と、仕事理解を深める実務ロールプレイング型

この冬の短期インターンの新しい取り組みとして、ぜひご検討ください。

 お問い合わせ・資料請求 成功事例集ダウンロード  

人事お役立ちセミナーのお知らせ

seminarバナー

トビタテ!留学JAPAN プロジェクトディレクターの船橋力氏、株式会社Ridilover代表の安部敏樹氏、未来志向の組織づくりに奮闘されている株式会社ユーグレナ人事課長の永井慎也氏をお招きし、組織開発にまつわる特別セッションを行います。

日時:2019年12月4日(水) 17:00〜20:00
会場:QUARTZ GALLERY (渋谷駅徒歩5分)

セミナー詳細・申込はこちら 

能力×パーソナリティとAIで人材価値を最大化

能力×パーソナリティとAIで人材価値を最大化 GROW360

3,300万件の評価データ蓄積。利用者数37万人突破。個人の能力を可視化する人材分析ツール。新卒採用における採用基準の策定やネガティブチェックによるスクリーニングでのご利用が広がっていますが、中途採用や教育・配属判断・リテンションなどにも幅広く活用できます。

関連する記事

最近の投稿