GROW360を活用した求める人材像の明確化

2018.02.05
blog180116_eyecatch-890x500
この記事の読了時間: 2 分

「求める人材の要件定義がなかなかできない。」

人事担当の多くの方が共通に抱える課題ではないでしょうか?
これは、就活ランキング常連の大手企業も例外ではありません。

要件定義がはっきりせず、面接時の質問ポイントを面接官にうまく共有できない。
結果として、内定者が将来的にパフォーマンスを発揮できる人物なのか確信が持てない。
そんな疑問を抱かれるそうです。

また、求める人物像について、マネジメント層から「地頭がいい」や「コミュニケーション力が高い」というフレーズを一度は耳にしたことはないでしょうか?
このような曖昧なイメージでもって、採用活動が進んでいる現場は実際に多いのだと思います。

そこで今回は、GROW360を活用することで自社が求める人材像を明確化する方法をご紹介します。

GROW360では、求める人物像を定義する際、2軸でとらえます。
これをそれぞれ、must要件want要件と仮に名付けます。

目次 目次

must要件

must要件とは、会社で必ず求められる能力のことです。
図1は、GROW360で計測したコンピテンシーの分布です。この分布から、全体的に高いスコアのコンピテンシーが自社で求められる基礎能力であることがわかります。
これがmust要件です。

図1:コンピテンシー分布図(must要件)
図1:コンピテンシー分布図(must要件)

want要件

次に、want要件です。
want要件とは、職場内で成果を残している人が持つ、あると望ましい能力の事です。
図2をご覧ください。
GROW360では、組織で活躍している人材にフラグをつけ、計測したデータと組み合わせて機械学習を行います。
それにより、活躍している人材が持つコンピテンシーの特徴が明確になります。
これがwant要件です。

図2:ハイパフォーマー分析結果(want要件)
図2:ハイパフォーマー分析結果(want要件)

また、「活躍している人材」だけではなく、「地頭の良い人材」や、「コミュニケーション力が高い人材」などのフラグを付けて同様の分析をすることで、職場内で曖昧に使われている用語がどのような能力を表すのかが明確になります。

共通の目線を持った採用活動が行えるように、必ず持っていて欲しい能力、より望ましい能力を共有してみてはいかがでしょうか?
GROW360によるmust要件・want要件の抽出をぜひご参考ください。

人事お役立ちセミナーのお知らせ

GROWデータを活用した人事のためのデータ分析.1

GROWの気質・能力診断データを例に、人事データを活用した分析手法、分析事例について、GROW360のデータサイエンティストが分かりやすく解説します。

日時:2019年7月11日(木) 16:30〜18:00

東京都外の方限定でWEB配信も予定しております。

セミナー詳細・申込はこちら 

HR Technology Conference & Expo 2019 @ラスベガス現地レポート 11月7日(木) 16_00〜17_30 無料開催!!

2019年10月1日~4日に米国ラスベガスで開催されたHRテクノロジーをテーマとした世界最大級のイベント「HR Technology Conference & Expo 2019」の報告レポートセミナーを開催いたします。

日時:2019年11月7日(木) 16:00〜17:30
会場:IGS株式会社
最寄り:恵比寿駅

セミナー詳細・申込はこちら

能力×パーソナリティとAIで人材価値を最大化

能力×パーソナリティとAIで人材価値を最大化 GROW360

3,300万件の評価データ蓄積。利用者数37万人突破。個人の能力を可視化する人材分析ツール。新卒採用における採用基準の策定やネガティブチェックによるスクリーニングでのご利用が広がっていますが、中途採用や教育・配属判断・リテンションなどにも幅広く活用できます。

関連する記事

  • 新卒採用において、大手ほどの強い採用力を持たない企業が隠れた優秀人材を獲得するには、多くのライバル企業が求める人物像とは少し別の切り口からターゲティングを定める必要があります。今回は、データ活用によって市場のポテンシャル人材を発見するターゲット設定方法についてお伝えします。

  • 採用活動のスタートで、まず検討しておくべきことは何でしょうか?どのような切り口から会社の求める人物を見極めますか?新卒採用の要件定義で抑えるべきポイントを解説します。

最近の投稿