就活ルールの廃止に伴う日本型新卒採用の『瓦解』

2018.10.25

経団連が決定した就活ルールの廃止。21年春入社組については政府主導で現行ルールの遵守を要請するなど若干の動きはありますが、大局的な流れで見ると、今後より一層加速していくものと考えられます。そこで今回は、就活ルールが廃止となった採用市場でどのような事が起こるのか、企業側が理想の採用を続けるためには、どのような対応が求められるか、について解説いたします。

面接で起こりがちな3つの”アンコンシャス・バイアス”

2018.09.24

新卒採用の選考において、採用担当者の判断は、過去の経験や習慣、文化等、さまざまな要因に影響を受けます。これは担当者の能力に関係なく起こりうることです。今回はこの「アンコンシャス・バイアス」と呼ばれる無意識のバイアスの代表的な3つのパターンと、その影響を軽減するポイントをお伝えします。

研修を成功に導くポイントを解説!

2018.09.06

新卒新入社員の教育、育成を目的に実施する内定者研修・新入社員研修。効果の高い研修を企画するために確認しておくべき3つのポイントについて解説します。

「線」になる前の「点」のデータの活用方法<インターン編>

2018.08.27

GROW360の利用者の皆様の声を通して、実際の活用方法をご紹介するシリーズ。今回は、アセットマネジメントOne 株式会社様の利用ケースのご紹介です。同社でのインターンシップにおけるGROW360の活用方法や今後の展望などについて、人事グループ長の小松みのり様にお話を伺いました。

自己評価vs他己評価vs多面評価

2018.08.09

世の中に数多くある採用アセスメントツール。導入判断の基準で多いのは、まず、目的に対して「何を評価できるか?」ではないでしょうか。一方で意外に忘れられがちな観点が、評価主体の違い、つまり「誰が対象を評価するか?」です。今回は代表的な評価主体である、「自己」「他者」「多面」、それぞれが持つメリット・デメリットを分析してみました。

新卒採用におけるリファラル採用の有効活用法!

2018.07.03

中途採用では一般的な手法として広く浸透しているリファラル採用。時間や費用を抑えられる効率の良さが強みですが、新卒採用では、なかなか有効活用されていません。今回は、新卒採用にリファラルを導入する際に立ちはだかる障壁と、その打開策についてお伝えします。

【データ×採用】ベンチャー・中小企業が勝つためのターゲット設定

2018.06.14

新卒採用において、大手ほどの強い採用力を持たない企業が隠れた優秀人材を獲得するには、多くのライバル企業が求める人物像とは少し別の切り口からターゲティングを定める必要があります。今回は、データ活用によって市場のポテンシャル人材を発見するターゲット設定方法についてお伝えします。

就活生の満足度を高める!インターンシップ設計に効果的な2つの型

2018.06.01

効果的なインターンシップのやり方が分からない、そんな担当者の皆様にお役立いただけそうな、インターンシップにおける効果的な2つの型をお伝えします。

新卒採用の要件定義について

2018.05.01

採用活動のスタートで、まず検討しておくべきことは何でしょうか?どのような切り口から会社の求める人物を見極めますか?新卒採用の要件定義で抑えるべきポイントを解説します。

教育研修のためのGROW360活用法

2018.04.20

組織のパフォーマンス向上やチームビルディングのための、GROW360を活用した教育研修について説明します。

1 2 NEXT

人事お役立ちセミナーのお知らせ

GROWデータを活用した人事のためのデータ分析.1

GROWの気質・能力診断データを例に、人事データを活用した分析手法、分析事例について、GROW360のデータサイエンティストが分かりやすく解説します。

日時:2019年7月11日(木) 16:30〜18:00

東京都外の方限定でWEB配信も予定しております。

セミナー詳細・申込はこちら 

seminar_data-analysis-entry-1

人事データを活用した分析手法、分析事例について、GROW360のデータサイエンティストが分かりやすく解説します。データを活用した人事施策や育成にご興味のある担当者さまにおすすめの内容です。

日時:2019年7月24日(水) 16:00〜17:30

東京都外の方限定でWEB配信も予定しております。

セミナー詳細・申込はこちら

継続利用率82%の適性検査ツール

継続利用率82%の適性検査ツールGROW360

利用者数37万人突破。BIG5とコンピテンシーを計測し、候補者の「成⻑性」と「安定性」を瞬時に予測。 新卒採用で積極的に採用すべき候補者、自社にマッチしない可能性のある候補者を高い精度で判定します。

最近の投稿